【2020年11月最新版】ポイントサイトの新規登録キャンペーンまとめ

【知らなきゃ絶対損】映画チケットをたったのワンコイン500円で購入する方法

一般的な映画館の料金は大人1,800円が普通ですが、正直結構お高めですよね。

デートで映画1本見るだけでも、飲み物なんかを買ったらそれだけで4,000円はかかってしまいます。

しかし、割引を上手く利用することで映画1本を500円で見ることが可能なんです。

そこで当記事では、主要映画館の割引方法をまとめてみました。ぜひ活用してください!

dエンジョイパスのワンコインチケットが超絶お得!

ドコモが運営している『dエンジョイパス』は、5万件以上の施設の優待を月額500円(税抜)で使い放題できるサービスです。

また、『dエンジョイパス』ではワンコインでランチやスパ、フィットネス、映画観賞をすることができます。

映画なら大人1,800円⇒500円(1,300円割引)で利用することができます!

ただし抽選販売になります。抽選は1週間に1回ほど行われ、開催日も事前に記載されているのでぜひ参加してみてください!

もしワンコイン優待を逃してしまっても、『dエンジョイパス』では元々お得に利用できます。映画鑑賞券なら200円〜600円割引される優待があるので、そちらを利用してくださいね。

dエンジョイパス』は31日間無料で利用することができるので、「この割引だけ利用したい」という場合でも31日以内に解約すれば問題ありません。

もちろんドコモユーザー以外の利用もOK!dポイントも貯まるので、街のdポイント加盟店などにも使えて便利です。

映画チケットをお得にする方法

各映画館のサービスデーを利用する

まず一番最初に思いつくのは、各映画館で行なっている割引サービスです。

映画館でよく見かける割引サービスは以下の通りになります。

  • 毎月1日 : 1,800円〜1,900円 ⇒ 1,100円〜1,200円
  • レディースデー : 1,800円〜1,900円 ⇒ 1,100円〜1,200円
  • シニア(60歳以上) : 1,800円〜1,900円 ⇒ 1,200円
  • レイトショー(20時以降) : 1,800円〜1,900円 ⇒ 1,300円〜1,400円
  • 夫婦どちらかの年齢が50歳以上 : 1,800円〜1,900円 ⇒ 2人で2,200円〜2,400円

あとは、各映画館で開催している独自のサービスデーがあったりしますね。

例えば毎週月曜日に1,100円になる『イオンシネマ』、CLUB-SPICE会員なら毎週金曜日に1,100円になる『ユナイテッド・シネマ 』、毎月14日に1,200円になる『TOHOシネマズデイ』、毎月20日に1,200円になる『MOVIXデイ』などなど、映画館によって様々なサービスを行なっています。

最大で700円も割引されるので、なるべく該当する割引の時に利用したいですね。

他にも各映画館で様々なサービスを行なっているので、公式サイトでチェックしてみてくださいね。

TOHOシネマズの割引方法はこちら ↓ ↓ ↓
『TOHOシネマズ』のチケット料金をお得にできる割引クーポンまとめ

ユナイテッド・シネマ/シネプレックスの割引方法はこちら ↓ ↓ ↓
『ユナイテッド・シネマ/シネプレックス』のチケットの料金をお得にできる割引クーポンまとめ

『デイリーPlus』の割引クーポンを利用する

これから紹介する『デイリーPlus』『みんなの優待』『駅探バリューDays』を利用すると、映画館によりますが大体200円〜700円割引にすることができます。

『デイリーPlus』は、月額550円払うことで、全国約100万ヶ所の様々な施設で優待や割引を受けることができるサービスです。

デイリーPlus』は公式サイトからの入会すると1ヶ月間無料になり、Yahooプレミアム会員なら2ヶ月間無料で利用できます。

さらに、本来Yahooプレミアム会員に限り2ヶ月間無料で利用可能なんですが、当サイト経由からの登録ならYahooプレミアム会員に限らず、2ヶ月間無料で利用できちゃいます!

ヤフーアカウントを持っていれば手間なくすぐに登録できますし、無料期間内なら解約をしても料金は発生しないので、お試しで登録してみるのもいいですよ。

\2ヶ月間無料!/

デイリーPlusを体験する

『みんなの優待』の割引クーポンを利用する

『みんなの優待』は、デイリーPlusのような優待で、月額490円で130万件以上の様々な施設の優待を受けることができるサービスです。

みんなの優待』は、1ヶ月間無料で利用することができます。

こちらも無料期間内なら解約をしても料金は発生しないので、お試し登録はありですね。

\1ヶ月間無料!/

みんなの優待を体験する

『駅探バリューDays』の割引クーポンを利用する

駅探バリューDays』は、月額330円(税込)で全国140万件以上の様々な施設で優待や割引を受けることができ、d払いにすると30日間無料で利用することができます。

駅探バリューDaysも先ほど紹介した『デイリーPlus』やと同じような会員優待サービスですが、大きな違いは月額料金です。

サービスの種類 月額
みんなの優待
490円(税込)
デイリーPlus
500円(税別)
dエンジョイパス
500円(税別)
駅探しバリュー
300円(税別)

駅探バリューDayは、『デイリーPlus』よりも月額料金が200円お得になります。

継続して利用するなら『駅探バリューDays』は利用しやすいですね。

駅探バリューDaysを利用する

ソフトバンクのとく放題を利用する

ソフトバンクユーザーやソフトバンクの光サービスを利用している方は、月額590円(税抜)で会員限定のオプションサービスに加入することができます。

会員の方は『とく放題』という優待サービスがあり、映画チケットがお得に購入することができます。

  • 【TOHOシネマズ】一般料金 : 1,800円 ⇒ 1,500円(300円割引)
  • 【イオンシネマ】一般料金 : 1,800円 ⇒ 1,400円(400円割引)
  • 【ユナイテッド・シネマ/シネプレックス】1,800円 ⇒ 1,300円(500円割引)
  • 【T・ジョイ】一般料金 : 1,800円 ⇒ 1,400円(400円割引)

月590円(税抜)かかりますが、とく放題のサービスをフル活用したり、月に2回以上映画館に行く方には十分利用価値のあるサービスです。

私がサイトを確認した時には大特価セールをやっていて、『1,800円⇒900円(半額)で販売されていました。タイミングが良ければさらにお得に購入できますね。

とく放題は、『デイリーPlus』『みんなの優待』『駅探バリューDays』同様、映画の割引以外にもレジャー施設やツアー旅行、飲食店などで使える割引クーポンも多く掲載していますよ。

⇨『とく放題』公式サイト

U-NEXTの月額ポイントを利用する

日本最大級の動画サービス『U-NEXT』では31日間の無料トライアル登録すると、映画チケット1枚分のポイントがプレゼントされます。

そのポイントをクーポンに交換することで、映画1本分をタダで観ることが可能です。

本来U-NEXTは、月額1,990円(税抜)で映画やドラマ、アニメが見放題のサービスで、毎月1,200ポイントがチャージされます。そのポイントで映画チケットを割引にできるという仕組みです。

U-NEXTポイントを利用できる映画館は以下の通りになります。

・イオンシネマ
・ユナイテッド・シネマ / シネプレックス
・109シネマズ / ムービル
・MOVIX / ピカデリー / 東劇 / 神戸国際松竹
・なんばパークスシネマ / 大阪ステーションシティシネマ
・オンラインチケット予約『KINEZO』(全国のT・ジョイ、新宿バルト9、横浜ブルク13、梅田ブルク7、広島バルト11、鹿児島ミッテ10、こうのすシネマ)
  • イオンシネマ : U-NEXTポイント1,500pt ⇒ 映画1本分の引換クーポンと交換
  • その他の映画館 : U-NEXTポイント1,500pt ⇒ 映画チケット1枚分のクーポンを発券
  • オンラインチケット予約『KINEZO』 : U-NEXTポイント分(1ポイント=1円)で映画チケットを割引購入

通常1,800円分のチケット1,500円分のポイントで購入できるのでかなりお得なサービスになります。

注意としては、割引チケットの有効期限が10日間になるので、映画館に行く日を決めてからクーポンに交換することをおすすめします。

もちろんU-NEXTポイントは映画チケットだけではなく、レンタル作品や電子書籍に充ててもOK。

31日間の無料体験を実施しているので、まだ加入していない方はお試しでぜひ入会してみてくださいね。

\無料登録で映画チケット1枚分GET!/

U-NEXTを31日間無料で体験する

『イオンシネマ』の詳しい割引方法は、以下の記事にまとめたので、チェックしてみてくださいね。

『イオンシネマ』のチケット料金をお得にできる割引クーポンまとめ

ムビチケで前売券を購入する

ムビチケは、オンラインで購入できる映画の前売券です。

ムビチケで購入すると通常価格より最大で400円お得に購入することができます。

映画が公開したらムビチケ対応の映画館(主要映画館ほとんど対応)で座席指定ができ、鑑賞当日は映画館の自動券売機で入場券を発券するだけ。受付に並ばずにすむので楽チンですよ。

⇒『ムビチケ』公式サイト

ムビチケ前売券はカード型の鑑賞券もある

ムビチケはカード型の前売券も販売しています。

【ムビチケ前売券(カード)の販売場所】
全国のTOHOシネマズ、シネプレックス、109シネマズ、ユナイテッド・シネマ、シネマサンシャイン、松竹マルチプレックスシアターズ、イオンシネマや一部のプレイガイドで販売。
※映画館によって取り扱っている作品は異なるので、購入する際には作品公式サイトにて確認してください。
【ムビチケ前売券(カード)の利用方法】
①ムビチケ前売券(カード)裏面に記載されているムビチケ購入番号・ムビチケ暗証番号を確認。
②鑑賞予定の映画館のサイト、または映画館にて座席指定をする。
※ムビチケ暗証番号はスクラッチ部分を削って確認してください。

カードには種類があり、ムビチケに対応している全ての映画館で利用できる『全国券』カードに記載されている映画館のみで利用できる『劇場券』の2種類あるので注意してください。

ムビチケ前売券はコンビニでも購入・利用可能

ムビチケはセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンでも購入・利用が可能です。

【ムビチケ前売り券(コンビニ)の購入方法】
①コンビニに設置されている端末でムビチケを検索し、映画を選択。
②端末から出てくる申込券をレジに持って行って決算する。
【ムビチケ前売券(コンビニ)の利用方法】
①ムビチケ前売券(コンビニ)に記載されているムビチケ購入番号・ムビチケ暗証番号を確認。
②鑑賞予定の映画館のサイト、または映画館にて座席指定をする。

前売り券にはコンビニ限定などの特典グッズが付いてくる場合もあるので、特典目的で購入する方も多いそうです。

ムビチケ購入で100円につき1ptのムビチケポイントGET

さらにムビチケで購入すると100円につき1ptのムビチケポイントが貯まり、1pt=1円として『ムビチケ当日券』を購入することができます。

また、キャンペーンに参加するとキャンペーンポイントをGETできます。

ポイントの有効期限は、最終利用日から1年間。ただしキャンペーンポイントはキャンペーンによって異なります。

映画アプリ『Mitai』でもムビチケポイントが貯まる

ムビチケポイントは『Mitai』という映画アプリでもGETすることができます。

『Mitai』では映画情報や鑑賞記録を残せる他、ムビチケを購入できる唯一の映画アプリになります。

映画好きの方は、こちらをダウンロードして映画情報をチェックしてみてはいかがでしょうか。

Mitai 映画

Mitai 映画

MOVIE WALKER Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

クレジットカードを利用して映画チケットを割引する

エポスカードの割引を利用する

エポスカードはマルイグループの子会社が運営しているクレジットカードです。

エポスカードの優待サービスには、様々な映画館の割引が数多くあります。

  • 【イオンシネマ】チケット事前購入 : 1,800円 ⇒ 1,400円(400円割引)
  • 【池袋HUMAXシネマズ】一般料金 : 1,800円 ⇒ 1,300円(500円割引)
  • 【渋谷HUMAXシネマ】一般料金 : 1,900円 ⇒ 1,300円(600円割引)
  • 【成田HUMAXシネマズ】一般料金 : 1,900円 ⇒ 1,300円(600円割引)
  • 【静岡東宝会館】一般料金 : 1,800円 ⇒ 1,500円(300円割引)
  • 【USシネマ ユニモちはら台】ポップコーンサービスカッププレゼント
  • 【天文館シネマパラダイス】一般料金 : 1,800円 ⇒ 1,500円(300円割引)
  • 【ユナイテッド・シネマ岸和田】一般料金 : 1,800円 ⇒ 1,600円(200円割引)
  • 【宮崎キネマ館】一般料金 : 1,800円 ⇒ 1,600円(200円割引)
  • 【ユナイテッド・シネマ / シネプレックス】エポトクプラザからのチケット購入 : 1,800円 ⇒ 1,300円(500円割引)
  • 【ヒューマントラストシネマ有楽町】一般料金 : 1,800円 ⇒ 1,400円(400円割引)
  • 【チネチッタ】一般料金 : 1,900円 ⇒ 1,600円(300円割引)
  • 【キネマ旬報シアター】一般料金 : 1,800円 ⇒ 1,500円(300円割引)
  • 【吉祥寺オデヲン】一般料金 : 1,800円 ⇒ 1,500円(300円割引)
  • 【シネマスコーレ】一般料金 : 1,700円 ⇒ 1,500円(200円割引)

映画の他にも飲食店やレジャー施設、買い物などでもサービスを受けることができます。

入会金・年会費は無料なので、持っておいて損はありませんよ。

モッピーを経由してカードを作ると超お得!

モッピー!お金がたまるポイントサイト

ちなみにエポスカードは、ポイントサイトの『モッピー』を経由してカードを発行(キャッシング利用可能枠あり)すると、モッピーで4,000ポイントGETでき、エポスカードからは入会特典として2,000ポインGETすることができます。

さらに、カード発行後に『いつでもリボ』加入および翌月末までに1,000円(税込)以上カードを利用することでモッピーから3,500ポイントをもらうことができるので、実質9,500円相当のポイントをもらうことができちゃうんです。

エポスカードは様々な飲食店や施設の優待があるので、持っておいて損はありません。

入会金・年会費永年無料なので、まだ持っていない方はぜひ作りましょう!

クラブオフ付帯のクレジットカードの割引を利用する

クラブオフ付帯のクレジットカードはたくさんありますが、中でもおすすめなのが『ベネッセ・イオンカード』です。

進研ゼミやこどもちゃれんじで有名なベネッセとイオンカードが提携した『ベネッセ・イオンカード』は、イオンカードの特典はそのままにプラスで様々な特典を受けることができるクレジットカードです。

クレジット払いで貯まる『ときめきポイント』とベネッセ商品購入時に『ベネッセポイント』がダブルで貯まる他、こどもちゃれんじ・進研ゼミの受講費支払い手数料が無料になったり、ホテル・レジャー施設などを優待価格で利用できちゃいますよ。

もちろん映画館でも優待価格で利用可能です。

  • 【イオンシネマ】一般料金 : 1,800円 ⇒ 1,300円(500円割引)
  • 【T・ジョイ】一般料金 : 1,800円 ⇒ 1,300円(500円割引)
  • 【MOVIX&松竹系映画館】一般料金 : 1,800円 ⇒ 1,300円(500円割引)
  • 【ユナイテッドシネマ/シネプレックス】一般料金 : 1,500円~1,800円 ⇒ 1,300円(200円〜500円割引)
  • 【109シネマズ&ムービル】一般料金 : 1,900円 ⇒ 1,400円(500円割引)

他にもシネマサンシャインやテアトルシネマ、ヒューマックスシネマ、アレックスシネマ、沖縄スターシアターズなど様々な映画館で優待を利用することができます。

イオン系のカードなので、イオンシネマがいつでも300円割引になったり、毎月20日・30日に1,100円になる優待を受けられる点もメリットですね。

ちなみに、進研ゼミやこどもちゃれんじなどのサービスを利用していない方でも申し込みは可能です。クラブオフへの加入目的でも問題ありません。

入会金・年会費無料のクレジットカードなので、入会もしやすいカードになっていますよ。

⇨ベネッセ・イオンカード(WAON一体型)について

セゾンカード・UCカードの『トク買』を利用する

クレディセゾンセゾン発行のセゾンカード・UCカードなら、月額300円の優待サービス『トク買』に登録することができます。

『トク買』は、宿泊・グルメ・レジャーなどの施設で140万件以上の特典をいつでも会員価格で利用できるので、年中使えるサービスです。

月額300円かかりますが、1回映画を観るだけで元は取れちゃうのでかなりお得です。

  • 【イオンシネマ】一般料金 : 1,800円 ⇒ 1,500円(300円割引)
  • 【MOVIX&松竹系映画館】一般料金 : Famiポート発券 1,800円 ⇒ 1,300円(500円割引)
  • 【TOHOシネマズ】一般料金 : 1,900円 ⇒ 1,500円(400円割引)
  • 【ユナイテッド・シネマ/シネプレックス】Loppi発券 : 1,800円 ⇒ 1,300円(500円割引)
  • 【109シネマズ&ムービル】セブンマルチコピー機発券 : 1,900円 ⇒ 1,500円(400円割引)

上記以外にも様々な映画館での割引優待がある他、新作映画の割引、試写会への招待などのサービスもありますよ。

1ヶ月間無料で体験もできるのでぜひ利用してみてくださいね。

⇨『トク買』公式サイト

おすすめのカードは『セゾンカードインターナショナル』

セゾンカードの中でもおすすめは、年会費が永年無料の『セゾンカードインターナショナル』です。

西友・リヴィンでは毎月第1・第3土曜日に5%OFFになったり、セゾンポイントモールを経由してネットショッピングをすると最大30倍のポイント還元も可能です。さらにポイントは有効期限がないのも魅力的ですね。

⇨『セゾンカード』公式サイト

モッピーを経由してカードを作るとポイントGET!

モッピー!お金がたまるポイントサイト

『セゾンカードインターナショナル』もエポスカード同様、ポイントサイトの『モッピー』を経由してカードを発行(キャッシング利用可能枠あり)すると、モッピーで1,500ポイントGETできるので、普通にカードを作るより圧倒的にお得になります。

ただし条件として、新規カード発行、キャッシング利用希望枠を10万円以上の設定で申し込み、キャッシング利用可能枠が1万円以上のカードの発行になります。

入会金・年会費永年無料なので、まだ持っていない方はぜひ作りましょう!

楽天ピンクカードの割引を利用する

楽天ピンクカードは、年会費永年無料の女性向けクレジットカードです。見た目はもちろん、女性に嬉しい特典もあり3タイプから選ぶことができます。

特典の1つである『RAKUTEN PINKY LIFE』は、月額330円(税込)で映画チケットがお得になる他、飲食店やレジャー、リラクゼーションなど11万件以上の多彩なジャンルの優待を受けることができます。

一例として以下の映画館の割引があります。

  • 【MOVIX&松竹系映画館】一般料金 : 1,800円 ⇒ 1,300円(500円割引)
  • 【ヒューマックスシネマ】一般料金 : 1,900円 ⇒ 1,300円(600円割引)

他にも、楽天グループで利用できる割引クーポンがもらえる『楽天グループ優待サービス』、女性用の保険に格安で入会できる『楽天PINKサポート』への入会もOK。通常の楽天カードの機能に加えて利用できるのは嬉しいサービスですね。

なお、『RAKUTEN PINKY LIFE』は月額330円(税込)ですが、最大2ヶ月間無料で体験できるので試しに入会するのもいいですね。

ちなみに楽天ピンクカードは女性向けのクレジットカードですが、男性は入会可能です。

⇨『楽天カード』公式サイト

DCカードJizileのポイントを映画観賞券に交換できる

『DCカードJizile(ジザイル)』は、三菱UFJニコスが発行している年会費無料のリボ払い専用カードです。

1ヶ月のカード利用で合計金額1,000円ごとにDCハッピープレゼント(ポイントプログラム)のポイントが3ポイント貯まる仕組みになっています。他の三菱UFJニコスのカードと比べると3倍にもなります。

さらにDCハッピープレゼントは1ポイント=4円相当完全無料のカードにも関わらず超高還元率のクレジットカードなんです。

DCカードでは貯まったポイントを400ポイントで1枚、700ポイントで2枚でユナイテッド・シネマ/シネプレックスの映画鑑賞券と交換することができます。

1枚なら1,600円、2枚なら1枚あたり1,400円相当で交換できるのでお得ですね。

他にも、三菱UFJニコスが運営しているポイントモールの『POINT名人.com』では、キャンペーン時だとAmazonや楽天市場の還元率が2%になったり、海外旅行保険やショッピング保険が付帯していたりとかなり便利でお得なカードになっていますよ。

⇨DCカードJizileについて

まとめ

主要映画館の割引方法についてご紹介しました。

様々な方法がありましたが、何と言っても一番お得なのは『dエンジョイパス』のワンコインチケットです。

抽選なので必ず当たるとは限りませんが、1,800円⇒500円(1,300円割引)で映画を観るチャンスなのでチャレンジする価値はあります。

dエンジョイパスは31日間無料で体験できるのでぜひお試しください。

「抽選なんか待ってられない!」という方は、2ヶ月間無料の『デイリーPlus』がおすすめです。

『デイリーPlus』は本来月額550円かかりますが、映画のチケットならだいたい400〜500円割引が多いので2回ほど利用するだけで元は取れてしまいます。

他にも、レジャー施設や飲食店の優待も数多くあるので使い勝手は抜群です。

また、当サイト経由からの登録なら、2ヶ月間無料で利用できるのもポイント。

2ヵ月間思う存分お得に施設を利用しましょう!

\ヤフーアカウントですぐに登録完了!/

デイリーPlusを2ヶ月無料で体験する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA