MENU

最悪って本当?大江戸温泉物語 鹿教湯(かけゆ)に宿泊したので本音レビューしてみた【口コミ・評判】

長野県上田市西内 鹿教湯にある「大江戸温泉物語 鹿教湯」に大人2名で宿泊してきたので、本音レビューしていきます。

当サイト調べの大江戸温泉物語 / TAOYAで評判の良いホテルをランキングでは36施設中31位と順位は下位ですが、ホスピタリティ溢れる宿で良い滞在となりました。

今回はじゃらん経由で予約しましたが、クーポン&ポイントのおかげで公式サイトよりもお得になったので、予約を検討している方は必ず料金を比較することをおすすめでし!

目次

総評

全体的に平日宿泊ということで、活気はそこまでありませんでしたが、初めての大江戸温泉はとても良い滞在になりました。

夕食時に期間限定で付いていたかに食べ放題も、想定よりカニ脚が太く、この価格帯でも十分すぎるかなと感じましたし、バイキングの品数も豊富かつ1品1品美味しいので満足でした。

ただ、事前に藤館と桜館の位置関係を把握して、桜館ではなく、藤館に宿泊すればよかったなと感じました。

時間はかかりませんが、夕食・朝食ともにシャトルバスで移動する必要があるので、それが普段と違って面倒でした。

藤館の温泉は都合上入れませんでしたが、桜館温泉も適温で長く入浴できてとても気持ちよかったです。

大江戸温泉物語 鹿教湯の客室

宿泊したのは桜館 洋室ツインのお部屋です。

チェックイン時に「バリアフリールームになっています」と突然の通告を受けて部屋に入りましたが、その通り車椅子が通れるように入り口がもの凄く広かったです。

部屋自体もかなり広いので、荷物を置くスペースには困りません。

シングルサイズのベッドが2台。

ベッドの間にサイドテーブルがあります。コンセントはありません。

チェア&テーブルもあります。

テレビは少し古めの28インチほどのサイズ。

ドレッサーもあります。

クローゼットはとても広いですが、ハンガーが少ないです。

トイレとバススペースはバリアーフリー仕様で広めなので、ちょっと落ち着かないです。

冷蔵庫は小さめですが、必要十分だと思います。

延長ケーブルも部屋に置いてありました。

個人的に嬉しいのが鍵が2つあること。

古めのホテルに宿泊すると大体鍵が1つしかないので、相方のお風呂の上がり時間を調整しなければなりませんが、鍵が2つあれば気にする必要がありません。

大江戸温泉物語 鹿教湯 館内の様子

館内はところどころ設備の古さは目立ちますが清潔でした。

フロントは小ぢんまりとしている方です。

チェックイン後はフロント横にある浴衣と歯ブラシを持って部屋に移動する形です。

靴は入り口スペースで脱いでスリッパに履き替えるスタイルなのでちょっと面倒です。

フロント正面にはおみやげコーナー。

フロントのある1階には、ゲームコーナー・卓球コーナー・カラオケルームがあります。

宿泊者は卓球は無料で、カラオケは1名1時間550円です。

大江戸温泉物語 鹿教湯の夕食・朝食バイキング

夕食は3部制でチェックイン時に下記の時間帯から選択する形でした。

【夕食】① 17:30〜、② 18:30〜、③ 19:00〜

【朝食】7:00〜9:00

18:30は言われなかったので、すでに埋まってしまっていた可能性があります。

夕食はいずれもスタート時間から計算して90分制になっています。

夕食バイキング

大江戸温泉物語は温泉リゾートブランドのTAOYA(タオヤ)を除いて、伊藤園ホテルのように基本プランにアルコール飲み放題は付いていません。

飲み放題は別途注文することはできますが、1人あたり90分2,508円と割高です。

単品メニューも用意されているので、必要な方はスタッフに注文してください。

私はこの価格だとコスパが悪いので注文しませんでした。

会場は藤館なので、桜館からシャトルバスで移動します。

レストラン自体はそれほど大きくないですが、3部制なのでそれほど混雑していない印象です。

メニューはかなり豊富で、和洋中様々な料理が置かれています。

今回の一番の目的はカニです。とにかく90分制のうち60分はひたすら蟹を食べまくりました。

ずっとカニばかり食べているため、殻が山のように積み重なって、周囲から「カニ食べ過ぎ笑」という話し声が聞こえて来たそうです…(相方談)

蟹の質は良いとは言えないものの、この価格帯での食べ放題にしては美味しいと思います。

前菜的なメニューも豊富に置いてあります。

長野県のホテルなら必ず置いてある信州そば。

刺し身はセットで置かれているわけではなく、自分が好きなものを好きなだけ取れるのは嬉しいです。

お寿司も6種類と多いです。

ご飯・カレー・味噌汁。

天ぷら3種類。

ホットミールも種類が豊富です。

デザート類もかなりの種類が置いてありました。

アイスも4種類置いてあります。

飲み放題の人が利用できるドリンクコーナー。

ソフトドリンクコーナー。

単品メニューも載せておきます。

全体的に、同じ業態の伊藤園ホテルの比べても食事の内容はワンランク上でした。

種類は同じくらい用意されていますが、大江戸温泉の方が一手間かかった料理が多く、味も美味しいと思います。

とはいえ、価格帯は大江戸温泉物語の方が若干高く、アルコール飲み放題も含まれていないので、コスパという意味では一概に比較はできません。

ただ、私がもしお酒を飲まない人であれば、間違いなく大江戸温泉物語の方が満足度は高いと思います。

朝食バイキング

朝食の会場も藤館で、7:00-9:00の間いつでも食べに行ってOKです。

朝の時間帯はシャトルバスは随時ピストン輸送しているので、タイミング次第で玄関で少し待ちます。

朝食も夕食に負けじ豪華で、品数もほぼ同じくらいです。

フライドポテト・チキンナゲットなど。

パンは4種類もあります。

鮭はハラスぐらいシューシーでした。

鯛茶漬けもあるのでご飯が進みまくります。

ご飯のお供も大量。

朝にカレーを食べたいので、カレーがあるのは嬉しいです。

パンケーキ製造機は以前宿泊した同じ大江戸温泉系列のTAOYA日光にも同じものが置いてありました。

のっけ丼もネギとろ・明太子でご飯が何杯でも進んでしまいます。

全体的にお米に合う料理が多く、相方は茶碗5杯も食べていました。笑

朝食はこの価格帯では圧倒的に美味しいなという印象です。

大江戸温泉物語 鹿教湯の温泉

桜館と藤館という2つの建物から成り立っています。

公式サイトで大きくトップに掲載されている下記の写真の大浴場は藤館側なので、もしシャトルバスなどの移動なく入浴したい場合は藤館に宿泊するのがスムーズなのでおすすめです。

そのどちらにも大浴場があり、宿泊者は貸切風呂を除き、どちらも無料で入浴することができます。

桜館に宿泊したので2階にある「陽の湯」という大浴場でした。

男女で入れ替え制になっているので、どちらも入浴するなら翌日の朝に入るしかありません。

お風呂は鹿教湯温泉で、無色透明な綺麗な温泉です。

お風呂自体もとても気持ちよく、温泉はかなりポイントが高いと思います。

ちなみにサウナはありません。

脱衣所にはウォーターサーバーがあるのも嬉しいですね。

もし、藤館のお風呂に入る場合、夕食バイキングで藤館に行くことになるので、夕食前に余裕をもって藤館に移動して入浴するのがおすすめです。

大江戸温泉物語 鹿教湯に宿泊して感じた残念ポイント

下調べをしっかりしなかった私が悪いんですが、藤館と桜館はてっきり隣接していて、連絡通路などで繋がっているものだと思っていました。

実際は約600m離れているので、完全に別々のホテルと言ってもいいです。

ちなみに予約した「じゃらん」にもしっかり記載されています。

シャトルバスが運行しているので、わざわざ車を運転する必要はないですが、バスの時間を気にしなければならないのは億劫でした。

歩けない距離では無いですが、ちょっと想像してた形式と違ったのが少し残念でした。

また、部屋にWi-Fiがありません。

温泉に来ているのでスマホを触る機会を減らすべきだとは思いますが、気になる方はご注意ください。

大江戸温泉物語 鹿教湯の予約は「じゃらん」がおすすめ

下記はじゃらんと公式サイトで、大江戸温泉物語 鹿教湯のスタンダード1泊2食バイキングプランで料金を比較したものになります。

公式サイトじゃらん
1室2名で20,160円1室2名で17,380

予約時はじゃらんお得な10日間が開催中ということもあって、クーポンなども何も使わなくても公式サイトの会員価格よりも、じゃらんの方がすでにお得でした。

ここからクーポンが2種類適用されたため、公式サイトの会員価格よりも約3,000円も安く宿泊することができました。

さらに、予約時はキャンペーンでここに10%分の1,700円相当のPontaポイントも加算されるため、お得すぎました。

さらに、Pontaポイントやdポイントを貯めている方は、ポイントを旅行代金の支払いに使えることも、じゃらんをおすすめする理由の1つです。

大江戸温泉物語 鹿教湯の評判・口コミ

大江戸温泉物語 鹿教湯の詳細情報

楽天トラベルじゃらん平均
3.993.83.89
部屋3.6風呂3.8料理(朝食)3.9
料理(夕食)3.9接客・サービス3.8清潔感3.7
引用元:じゃらん公式サイト

まとめ

伊藤園ホテルもコスパが良くて大好きですが、大江戸温泉物語も多少割高なものの、夕食・朝食ともに豪華で種類が多くて堪能することができました。

スタッフの方のホスピタリティも高くてとても良い滞在になったので、今後機会があれば他の大江戸温泉物語の施設にも宿泊してみたいと思います。

関連記事 大江戸温泉物語 / TAOYAにお得に安く泊る方法をまとめてみた

目次