【2020年11月最新版】ポイントサイトの新規登録キャンペーンまとめ

【宿泊ブログ・口コミ】『ヒルトン東京ベイ』のプールを楽しんできた!子供用のプールもあり!

先日『ヒルトン東京ベイ』へ1泊2日した際に、プールを利用してきました。

プールは屋外に2種類あって、ガーデンプールと子供用のプールが完備されています。

デイタイムとナイトタイムのどちらも体験しましたが、雰囲気が違ってまた良かったです!

当記事では、『ヒルトン東京ベイ』のプールについてご紹介していきたいと思います!

旅行代金が最大35%OFF!
下記の予約サイトでGo To トラベルキャンペーンが旅行代金が最大35%割引

楽天トラベルYahoo!トラベルじゃらん.netHIS一休.com近畿ツーリストJTB

一休.comなら、さらに5%の一休.comポイントが貰えるので最大40%OFF

ポイ太

まずはプールの受付

プールはホテルのB1にあるので、エレベーターで移動します。

プール会場への案内があるのでそれに従って進んで行くと、入り口に辿り着けます。

受付は屋外にあって、宿泊者かビジターで利用するのかを伝えてください。

今回は宿泊者として利用しましたが、紙に名前と部屋番号だけの記入でOKでした。

バスタオルと更衣室のロッカーの鍵をもらって、更衣室へGO!

更衣室にはトイレとシャワールームが完備

受付を挟んで左側が女性、右側が男性の更衣室になっています。

それぞれの更衣室にはトイレとシャワールームも完備されていたので、プール利用後にシャワーを浴びて帰ることができます。

宿泊者なら部屋に戻ってからゆっくり入ってもいいですね。

一番奥に更衣室があるんですが、中は意外と狭い。

利用したのは平日だったのでまだ良かったですが、休日だったらかなりの人混みになりそうなので着替えがしにくそうですね。

ロッカーは受付で受け取ったロッカーキーに番号が書いてあるので、同じ番号のロッカーを利用します。

宿泊者なら上に羽織ってそのまま部屋から水着で行くと楽ですね。

プールは屋外に2種類!

道なりに歩いて行くとまずあるのは、子供用のプールです。

子供用のプールは深さ50センチなので、小さな子供も安心して遊ぶことができます。

利用した時は子供連れで来ている家族は結構いて、子供と一緒に楽しんでいました。

さらに奥へ進むとメインプールであるガーデンプールがあります。

ガーデンプールは、全長50m

広々としているので浮き輪を利用するのも良し、ビーチボールで遊ぶのも良しです。

浮き輪やビーチボールはレンタルもしているので、手ぶらで来ても問題ありませんよ。

実際レンタルしていた人も結構いましたが、そのほとんどが写真を撮るのためにレンタルしている人が多いように見えました。

実際プールを見渡すと、スマホを片手に写真を撮っている人たちばかりです。

さすが都会にあるホテルのプールですね。

水深は浅いところと深いところがありますが、深くても1mほどなのでさほど深くはありません。

水温は29度と温かめで、昼間はプールから上がっても肌寒くありませんでした。

有料席以外は自由に使える

席は有料席と無料席があります。

有料席はWEB予約限定になるんですが、当日空きがあったら先着順に利用することができるみたいです。

ソファシートなのでゆっくりくつろげるのはもちろん、よりリゾート感を満喫することができますね。

無料の席はデッキチェアで、空いている席があれば自由に利用してOK。

子供用のプール・ガーデンプールの周りにたくさん設置されているんですが、平日の昼すぎに行くとガーデンプールの方は満席状態でした。

子供用プールの方の席は空いていたので良かったですが、休日はイスに座れない人も出てくると思うので席の争奪戦になりそうですね。

日当たりは抜群なので、焼いている人だったりお昼寝している人もたくさんいました。

ただ残念だったのが、すぐ近くが工事現場なのか音がすごくてリゾート感が薄れてしまいました(笑)

ナイトプールも楽しめる!

『ヒルトン東京ベイ』のプールは昼間だけじゃなく、夜もプールを楽しむことができます。

夜になるとガラッと雰囲気が変わって、さらなる写真映えスポットに。

なので客層も家族層が減って、写真目的で来ている若者が一気に増えました。

夜は少し冷えるかなと思ったんですが、水温が高めなおかげでプールから出ても全然寒くありませんでしたよ。

おかげでナイトプールも全力で楽しむことができました。

プールサイドで食事やお酒も楽しめる!

プールサイドでは食事や飲み物を提供しています。

食事はハンバーガーやピザ、ステーキ丼など、飲み物はソフトドリンクやアルコールがあります。

アルコールはビールやスパークリングワイン、ハワイアンカクテルなどがありました。

チキンやポテト、枝豆などのおつまみもあるのでお酒と一緒につまめますよ。

さらにバーベキューセットのコース料理も用意されていて、コースを頼むともれなくサラダ・デザートビュッフェも付いてきます。

プールも食事も楽しめるなんてリゾート感をより堪能できちゃいますね。

ソファーシートを貸切で利用可能!

WEB予約限定で、ソファーシートを貸切で利用することができます。

VIPソファーシート

3種類の中では一番席数が多く、最もリーズナブル。

デイ・タイム:平日 5,000円 / 土日祝日およびお盆 10,000円
ナイト・タイム:平日 2,500円 / 土日祝日およびお盆 5,000円

プレミアム・ラウンド・ソファーシート(2~3名用)

1席限定のソファーシート。

デイ・タイム:平日 10,000円 / 土日祝日 20,000円
ナイト・タイム:平日 5,000円 / 土日祝日 10,000円

ルーフ付きソファーシート(2~3名用)

2席限定のルーフ付のソファーシート。

デイ・タイム:平日 10,000円 / 土日祝日 20,000円
ナイト・タイム:平日 5,000円 / 土日祝日 10,000円

※上記料金は税別です。
※デイプールは9時から10時までの入場、ナイトプールは17時30分から18時30分までの入場のみ。
※前日21時までの受付です。
※利用予定時刻30分を過ぎると、自動的に予約がキャンセルされます。
※2つ以上利用する場合は、2回予約する必要があります。(その際同じ名前で予約すると隣同士にしてくれます)
※当日空きがあった場合は、先着順で利用可能。

『ヒルトン東京ベイ』のプールの詳細情報

期間:2019年7月1日(月)~2019年9月15日(日)
営業時間:デイ・タイム 9:00~16:30 (最終入場は15:30)、ナイト・タイム:17:30~21:30(最終入場は20:30)

【利用時禁止事項】
・入水時アクセサリー・腕時計・メガネ・サングラス
・サンオイルは流してください。
・カメラを持っての入水
・飲食の持込
・刺青のある方

『ヒルトン東京ベイ』のプールの利用料金

宿泊者

【デイ・タイム】
平日 大人:2,500円、土日祝およびお盆 大人:4,000円
平日 子供:1,250円、土日祝およびお盆 子供:2,000円
【ナイト・タイム】
平日 大人:2,000円、土日祝およびお盆 大人:3,000円
平日 子供:1,000円、土日祝およびお盆 子供:1,500円
【デイ&ナイト・タイム】
平日 大人:4,000円、土日祝およびお盆 大人:6,500円
平日 子供:2,000円、土日祝およびお盆 子供:3,000円

お盆期間(8/13~8/16)
当日に限り再入場可(レシートの提示が必要)

ヒルトン・オナーズ宿泊者

【デイ・タイム全日】
大人2,000円、子供1,000円
【ナイト・タイム全日】
大人1,500円、子供1,000円
【デイ&ナイト・タイム全日】
大人3,000円、子供1,500円

※ダイアモンドメンバーは入場無料

ビジター

【デイ・タイム】
平日 大人:3,000円、土日祝およびお盆 大人:7,500円
平日 子供:1,500円、土日祝およびお盆 子供:3,250円
【ナイト・タイム】
平日 大人:2,500円、土日祝およびお盆 大人:3,500円
平日 子供:1,250円、土日祝およびお盆 子供:1,750円
【デイ&ナイト・タイム】
平日 大人:5,000円、土日祝およびお盆 大人:9,500円
平日 子供:2,500円、土日祝およびお盆 子供:4,000円

※プール利用の場合、5時間まで駐車場が無料。
※上記料金は税別です。
※子供は4~12歳(3歳以下は無料。プ-ル用おむつを付けていれば子供用のプ-ルは可能。)

浮き輪やビーチボールなどのレンタル料について

レンタルは浮き輪やビーチボール、写真映え間違いなしの様々なフロートが用意されています。

ビーチボール:500円
シャチ:1,000円
浮き輪(小):700円
浮き輪(大):700円
フロート:2,000円

まとめ

『ヒルトン東京ベイ』のプールについてご紹介しました。

昼も夜も利用しましたが、日帰りで利用している人もたくさんいました。

近くにはあのディズニーリゾートもあるので、夏ならば『ヒルトン東京ベイ』に前泊や後泊をしてプールを利用するというのもおすすめです。

家族やカップル、友達と『ヒルトン東京ベイ』のプールを楽しんで来てくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA