【2020年11月最新版】ポイントサイトの新規登録キャンペーンまとめ

はじめてのポイ活【第3回】:ポイントの貯め方・稼ぎ方を理解しよう

はじめてのポイ活第3回は、”ポイントの貯め方・稼ぎ方を理解しよう”をメインテーマとしています。

ポイントの貯め方は豊富にあるので、自分に合ったポイントの稼ぎ方が何なのか理解することが大切です。

当記事では、ポイントの貯め方・稼ぎ方を中心に解説していきます。

支払い時にポイントを稼ぐ

ポイントは何か物を購入した際の”オマケ”として付いてくる側面があるため、普段生活で使わざるを得ない支払いを、可能な限りこれからご紹介する方法を使うことで、ポイントを無理なくためることができます。

必ず何か物を買わなければポイントを貯めることができないのがデメリットでもあります。

ポイ太

ポイントカードを提示する

最もスタンダードなのがポイントカードを提示する方法です。

楽天ポイントカード、dポイントカードなど、そのポイントカードに対応したお店で、会計の際に提示することで100〜200円ごとに1ポイント貯まります。

以前はポイントカードを提示するだけでしたが、今ではキャッシュレス決済などを組み合わせることでポイントを二重・三重に獲得できるので、さらにポイントを貯めやすくなりました。

人気の共通ポイントならスマホアプリで提示できるポイントカードがほとんどなので、カードをわざわざ持ち歩かなくてもスマホ1台あればOKです。

クレジットカードで支払いをする

クレジットカードとポイ活は、切っても切れない関係にあります。

クレジットカードごとに決められた還元率があって、クレジットカードで支払うだけで還元率に応じたクレジットカード独自のポイントが貯まります。

例えば、楽天カードなら支払額の1%の楽天ポイントが貯まるという具合ですね。

よって、現金使いの方が普段の支払いをクレジットカードに変えるだけで、ポイントが貯まる分得をすることになります。

クレジットカードごとに還元率は異なり、貯まりにくいカードもあれば貯まりやすいカードがあったりと様々。

年会費が無料のクレジットカードでは、還元率1%以上であれば優秀な部類になります。

もし、今あなたがお使いのクレジットカードの還元率が1%以下であれば、長い目で見ると大きなマイナスなので、すぐに別のカードに乗り換えるべきです。

電子マネーで支払いをする

電子マネーはチャージ式の支払い方法のことで、事前にカードやアプリにお金をチャージした上で使用します。

代表的なのは、Suica、PASMO、楽天Edyやnanacoでしょう。

プリペイドカードとの違い
同じような仕組みのプリペイドカードとの違いは、電子マネーにはカード番号が付与されないため、オンラインショップでは使えず実際のお店でしか使えない点です。

例えば、nanacoや楽天Edyで支払いをすると200円ごとに1ポイントが付与されます。

電子マネーをチャージする際にクレジットカードからのチャージができるので、チャージした際のクレジットカードのポイントも貯められますよ。

プリペイドカードで支払いをする

プリペイドカードは事前チャージ式のカードのことです。

例えばdプリペイドカード、LINE Payカードなどがこれに該当します。

電子マネーと違うのは、プリペイドカードにはクレジットカードのようにカード番号が発行されるので、ネット通販などでも利用できる点です。

よって、VISA or Mastercardのクレジットカードが使えるお店では、どこでも使うことができるんです。

また、プリペイドカードの支払いには、0.5〜1%ほどの還元率が設定されているので、支払額に応じたポイントが貯まります。

プリペイドカードへのチャージはコンビニやATMでもチャージできますが、クレジットカードからのチャージもできるのでクレジットカードの支払いによるポイントも同時にGETできます。

『ネット通販にも使えてポイントのクレジットカードが使えるお店ならポイントの二重取りができる』、これがプリペイドカードのメリットでしょう。

スマホ決済(QRコード)を使って支払いをする

話題の”◯◯ペイ”といったスマホ決済を使って支払いするだけでもポイントが貯まります。

下記は人気のスマホ決済と還元率を表にまとめてみました。

還元率 貰えるポイント
PayPay
0.5〜1%
PayPayボーナス
楽天ペイ
0%
楽天ポイント
au Pay
0.5%
au WALLET ポイント
LINE Pay
1〜3%
LINEポイント
d払い
0.5〜1%
dポイント
ファミペイ
0.5%
FamiPayボーナス
メルペイ
なし
メルカリポイント

還元率はスマホ決済によって、キャンペーンの有無・どこで利用するか・毎月の決済額・指定のクレジットカードでのチャージなど、条件次第で変化します。

各スマホ決済は、期間限定で20〜50%還元などの非常に大きなキャンペーンを開催している傾向があります。

こういった大型のキャンペーンに上手く乗っかることで、一気にポイントを貯めることができるだけでなく、大きな節約にも繋がります。

各スマホ決済のキャンペーンページなどを定期的にチェックして、上手く活用していくことが大切です。

2020年10月に普段使いでおすすめなQRコード決済(スマホ決済)サービスはこれ!

ポイントサイトやアプリで稼ぐ

ポイントは決して何かを買わないと貯められないわけではありません。1円も使わずに”元手0”で自らポイントを稼ぎ出す方法もあるんです。

ポイントサイトを使ってポイントを貯める

ポイント大量に稼ぐために何より重要となってくるのがポイントサイトの存在です。

はじめてのポイ活【第4回】では、このポイントサイトについて詳しく解説していきますので、こちらでは概要だけをさらっとご紹介します。

ポイントサイトとは、企業の広告メールを見たり、ポイントサイト経由で何かしらのサービス契約や登録などを行うことで、ポイントサイト独自のポイントを貯められるサイトのことです。

”お小遣いサイト”といった呼ばれ方もしていますね。

「1円も支払わずにポイントを貰えるなんて逆に怪しい…」と思うかもしれませんが、ポイントサイトの仕組みを理解すれば全く危険性はないとわかるはずです。

「ポイ活怪しい」を「ポイ活最高!」に変える知っておきたい4つのこと

また、ネット通販などで買い物する際も、ポイントサイトを経由してから買い物するだけでポイントを獲得することもできます。

例えば、ポイントサイト経由で楽天市場やヤフーショッピングで買い物すると、買い物で獲得できるポイントとは別に、支払額1%分のポイントが別途貯まります。

ただ”経由”していつものように買い物するだけで、実質1%OFFになるので利用しないと損なんです。

この他、無料会員登録するだけで数百ポイント、銀行の口座を開設するだけで数千ポイント貰える案件などがあったりします。

『ポイントをザクザク貯めるためには、このポイントサイトをいかに活用できるかが鍵』といっても過言ではないので、ポイントサイトには必ず登録するようにしてくださいね。

【2020年11月最新版】ポイントサイトの新規登録キャンペーンまとめ

アプリを使ってポイントを稼ぐ

スマホアプリを操作するだけでポイントを貯めることができるアプリがあるんです。

基本的には、広告ページを見たり広告動画を視聴するだけでポイントをGETすることができるので、いつでもどこでも・誰でもポイントを稼げるのがメリットです。

例えば、楽天ポイントスクリーンで広告をタップすると楽天ポイントを稼げますし、シュフー×Tポイントではスーパーなどのチラシを見るだけでTポイントを稼げます。

ポイントサイトのように一気に大量にポイントを稼げるわけではないので、毎日コツコツ稼いでいくことになりますが、複数のアプリを利用すれば月に1,000ポイント以上稼ぐことも可能です。

最も敷居の低いポイントの稼ぎ方と言っても良いかもしれませんね。

アンケートアプリを使ってポイントを貯める

アプリよりも副業に近い、アンケートアプリ・サービスというものがあります。

名称からもわかるように、アンケートに答えることでその謝礼としてポイントが貰えるという仕組みです。

こちらもお小遣いアプリと一緒で、一気に大量のポイントが稼げるわけではありませんが、アンケートの数は非常に豊富で、スキマ時間でサクサクこなす事ができるので、誰でもすぐに始められる内職のようなイメージですね。

上記でご紹介しているようなアプリと併用して利用する事で、ポイ活がさらに捗るのでオススメですよ。

副業にピッタリ!”安心安全”のアンケートアプリ『マクロミル』の稼ぎ方について徹底攻略

ポイントを効率よく貯めるなら”多重取り”をマスターせよ

ポイントを効率よく貯めるためには、ポイントの多重取りをマスターする必要があります。

ポイントの多重取りとは、1回の決済で複数のポイントを同時に獲得することを指します。

例えば、ある商品を買う際、事前にプリペイドカードにクレジットカードを使ってチャージすると、まずクレジットカードのポイントが貯まります。

そのプリペイドカードを使って買い物することで今度はプリペイドカードの支払いによるポイントが貯まります。

1度のポイントで2回ポイントが発生しているのがわかると思います。

このように、工夫することで1度の決済で複数同時に重ねてポイントをGETすることができるんです。

多重取りは、同じ金額を支払うのに知らないと確実に損ですし、ポイ活をする上ではマスターすべき技でもあります。

いくつか多重取りの実践例をご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ファミリーマートで三重取り

ファミリーマートでは、楽天ポイントの3重取りが可能です

1:楽天カードから楽天Edyにチャージ ⇒ 0.5%
2:楽天Edyで支払い ⇒ 0.5%
3:楽天ポイントカードを提示 ⇒ 0.5%

>> 楽天ポイントが合計1.5%還元

マツモトキヨシで四重取り

マツモトキヨシでは、ポイントの四重取りが可能です。

1:楽天カードから楽天Edyにチャージ ⇒ 0.5%
2:楽天Edyで支払い ⇒ 0.5%
3:マツモトキヨシのポイントカードを提示 ⇒ 1%
4:dポイントカードを提示 ⇒ 1%

>> 楽天ポイント・マツモトキヨシポイント・dポイントが合計3%還元

ローソンで三重取り

ローソンでは、ポイントの三重取りが可能です。

1:楽天カードから楽天ペイにチャージ&支払い ⇒ 1%
2:Pontaカードを提示 ⇒ 1%
3:楽天チェックアプリでチェックイン ⇒ 1〜10P

>> 楽天ポイント・Pontaポイントが合計2%+α還元

ポイ太

楽天チェックアプリはローソン以外でも提携店舗の指定位置でアプリを起動して「チェックイン」すれば、楽天ポイントが貰えますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA